読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Indiegogoに欲しいものがあります。GPD Pocket ~Vプリカ購入編~

クラウドファウンディングに手をだしました。

Indiegogoは海外のクラドファウンディングサイトです。

やっぱりちゃんとしたキーボードのある小型のPCは憧れますね。

今回は、購入方法について、紹介したいと思います。

GPD Winというジョイパッドのようなものを搭載したキワモノPCを発売した実績があるので、まだ信頼できますね

GPD Pocketは以下のリンクから

https://www.indiegogo.com/projects/gpd-pocket-7-0-umpc-laptop-ubuntu-or-win-10-os-laptop–2/x/16097513#/

https://c1.iggcdn.com/indiegogo-media-prod-cld/image/upload/c_limit,w_620/v1487227764/hynp66dcnplc9ki6rqbj.png

さあ買うぞって思って、進めてたんですが、対応しているクレカがVisaかMasterCardだけなんですよね。 僕はJCBしかもってないんですよ。

Amazonマスターカードを作るか本気で迷ったんですけど、今回は、別の支払い方法をとりました。

Vプリカです。 ネット専用のクレカを作ることができるんです。審査不要で 使い捨てることができるので、信頼のおけないサイトなどではちょうどいいですね。 コンビニで買えるのも手軽でいいです。

デメリットとしては、手数料が高いことですね。コンビニで購入する際には、4%の手数料がかかります。

vpc.lifecard.co.jp

以下、Vプリカの買い方

コンビニで購入してきます。端末から電子マネーの購入のところにあるのが多いです。

購入したら、Vプリカの新規登録をします。 登録の際にはSMSでの認証とかあるので電話番号の嘘はいけません

f:id:muu000:20170227001430p:plain

登録したら、コードの追加を選択します。 その先の画面で、コードの入力をします。 f:id:muu000:20170227001610p:plain で、カードを作る画面です。 やっぱり、カードはおしゃれに自分の好きな絵柄にしたいですよね。

どんどん残高を追加していく際には、加算を選択します。 加算するたびにカードの番号は変わるので、控えても意味ないです。

f:id:muu000:20170227001755p:plain

内容を確認するときには、Vプリカのトップページから、カード情報の確認を選択します。 確認するカードを選ぶとしたのようなカードを確認することができます。見覚えのあるクレジットカードですね。

f:id:muu000:20170227002057p:plain

ここまでがVプリカの設定です。

思ったよりも長くなりました。分割します。